みなみ歯科・矯正歯科 | 蒲田・大田区 | 小児歯科・口腔外科・審美歯科

みなみ歯科・矯正歯科

24時間 WEB予約受付 メールでの
お問い合わせ
電話での
お問い合わせ
電話での
お問い合わせ
  1. TOP
  2. 治療案内
  3. 歯周病治療

GUIDANCE治療案内

歯周病治療

歯周病とは、歯を支えている部分(歯肉や骨)の病気のことを指します。
虫歯と同じく、歯についた歯垢の中にいる細菌が原因の感染症です。進行状況により症状は様々で、歯肉が腫れたり、出血をしたり、最終的には歯が抜けてしまうこともあります。
初期症状では自覚症状がほどんどないので、気付かない人が多いのですが、実際には日本人成人の約80%もの人が歯周病にかかっているといわれています。

歯周病の原因

歯周病の直接の原因は歯についた歯垢の中にいる細菌ですから、歯磨きさえしていれば大丈夫と考えがちです。
しかし、毎日歯磨きをしていても歯周病が進行してしまうケースがあります。
歯磨きをきちんとするのもちろん大切ですが、歯磨き以外にも注意すべき点がいくつかあるのでご紹介します。歯磨きに加えて以下の項目も注意するようにしましょう。

  • かみ合せ

    かみ合せは歯への力の負担を変化させます。許容範囲以上の負担が歯に加わると歯周病を悪化させやすくするのです。

  • 歯ぎしり

    寝ている最中の歯ぎしりは、歯に力のストレスを加えます。 歯と歯茎の境目が緩んで歯周病が進行しやすくなります。

  • 歯並び

    歯並びが悪い場合は、同じように歯磨きをしても磨き残しが多くなってしまいがちで歯周病のリスクが高まります。

歯周病の進行

歯を失う1番の原因は、虫歯ではなく歯周病です。初期症状では、なかなか自覚症状が得られませんが、段階を踏んでだんだんと症状がおもくなっていき、最終的には歯が抜けるほどの重症になる場合もあります。
末期の段階で、慌てて治療するのではなく、初期、中期の症状を見逃さずに早めの治療を受けることが大切です。

歯周病の予防~プラークコントロール

歯周病の予防でプラークコントロールという言葉をきいたことがある人は多いと思います。それでは、プラークコントロールとは具体的にどういった事なのでしょうか。まず、プラークとは歯垢とも言い、歯の表面に固着した細菌などの塊のことを指します。その口の中のプラークを減らす方向へコントロールするという広い意味でプラークコントロールという言葉は使われます。
ですので、正確には【プラークコントロール=歯磨き】というのは間違っており、歯磨きはプラークコントロールのひとつに過ぎません。具体的には、 「規則正しい食生活」や「繊維質の食品を良く噛んで食べる」「定期的に歯石を取る」「虫歯の治療」などいろいろあります。
歯磨きはもちろんですが、様々な方法でプラークコントロールを行い歯周病にならないようにしましょう。

ページトップに戻る