みなみ歯科・矯正歯科 | 蒲田・大田区 | 小児歯科・口腔外科・審美歯科

みなみ歯科・矯正歯科

24時間 WEB予約受付 メールでの
お問い合わせ
電話での
お問い合わせ
電話での
お問い合わせ
  1. TOP
  2. 予防歯科

PREVENTION予防歯科

予防歯科

これまで、歯医者さんへ行く目的は歯や口内の「治療」で、虫歯になってから、歯が痛くなってから医院にいらっしゃるという方が大多数だったと思います。しかし、治療を必要としない健康状態が皆さんの理想だと思います。そこで、重要なのが予防歯科なのです。

日本と世界の歯の健康

世界トップクラスの長寿国である日本ですが、実は歯の寿命に関しては先進国の中で下位になってしまうのです。現在の日本では、80歳の方の平均残存歯数がたったの6本程度しかありません。欧米諸国では、80歳を越えて20本の歯を残している方が非常に多いのですが、日本と欧米の違いとはなんなのでしょうか?それは、歯科治療に対しての考え方にあります。日本では歯医者さんには歯が悪くなってから行くという考え方が昔からあります。欧米では、歯が悪くならない為にはどうするべきか、という考え方で歯科医療が発展してきたのです。 歯が悪くならない為にどうするべきか。それには定期的なメンテナンスがとても重要です。一生涯、自分自身の歯で過ごせるように、日々のケアと定期的な歯の検診を心がけましょう。

P.M.T.C プロフェッショナルケア

P.M.T.Cとは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、歯科医師や歯科衛生士による機械を使った歯の掃除のことです。日々の歯磨きでは取り除ききれない汚れをプロの技術と専門の機械で定期的にキレイにすることで、虫歯や歯周病の予防になります。

  • 磨き残しをチェック

    染め出し剤を使用して磨き残しを確認します。どこに磨き残しが多いか確認することで、普段の歯磨きの参考にもなります。

  • 機械で汚れ落とし

    磨き残しの部分を機械を使ってきれいにします。その後、歯肉を傷つけないよう柔らかいラバーカップという機械で境目の汚れを落とします。

  • 細かい部分はプロの手で

    機械では落としきれない部分は医師や衛生士が丁寧にクリーニングします。

  • フッ素で仕上げ

    歯茎も引き締まりきれいになったら、最後にフッ素を塗布し歯質の強化を図ります。

歯磨きポイントアドバイス

虫歯の予防には、やはり毎日の歯磨きがとても大切です。
しかし正しいプラッシングをしないとその効果も半減してしまいます。簡単に正しい歯磨きのポイントを紹介しますので、参考にしてください。

  • リラックス

    一生懸命磨こうとして、ゴシゴシと力を入れすぎて磨いている場合があります。力を入れすぎるとブラシの毛先が倒れ効果的に磨けていない事が多いです。また、大きく動かしすぎると毛先が歯の隙間に届かず磨き残しが多くなります。

  • 持ち方

    歯ブラシは鉛筆を持つように持って下さい。そうすることで、自然と力が抜けてちょうど良い力加減で磨く事ができます。

  • 動かし方

    歯ブラシを歯と歯茎の間に45度くらいの角度であてて、細かく動かして下さい。歯ブラシが1mmくらいの幅を往復するようなイメージで細かく動かすと磨き残しも少なく、心地よいはずです。虫歯のできやすいところを特に意識して磨きましょう。

  • 上手に歯を磨いて
    歯を健康にしましょうね!

ページトップに戻る